ゴールデンカムイに出てくる「つきさっぷあんぱん」はどーれだ?月寒あんぱんを比較&歴史もご紹介

ゴールデンカムイ第20巻/200話「月寒あんぱんの人」(鯉登少尉の少年時代のお話)にでてきた月寒(つきさっぷ)あんぱんは、北海道札幌市の「月寒(つきさむ)」という場所で、明治39年から、親しまれている和菓子です。

200話「月寒あんぱんの人」に登場した月寒あんぱんはどれでしょう?

様々な種類があるのでいくつか購入させていただきました!ゴールデンカムイに出てきた月寒あんぱんは、上記の①〜④うちどれでしょう?

ゴールデンカムイに出てくる月寒あんぱんは①番の「月寒あんぱん 復刻版」

「月寒あんぱん 復刻版」は、明治39年の創業当時の大きさ、製法を再現して作られた特別な逸品。現在販売されている月寒あんぱんよりもひとまわり大きく、直径が約13cmほど。

柔らかくてしっとりしていて、とても美味しい!甘みはしっかり感じるものの、強すぎないので私好みでした。味はこしあんの1種類のみです。

②番は旧タイプの「月寒あんぱん」


画像出典元:月寒あんぱん本舗

こちらは、リニューアル前の月寒あんぱん。札幌市内のスーパーなど、月寒あんぱん本舗以外でも気軽に購入できたので、幼少期から馴染みがありました。

「あんぱん」というネーミングですが、パンではなく、おまんじゅうに近い味わい。あんがたっぷり入っており、しっかりとした甘みを感じます。こちらは2020年7月頃は本店で販売されていましたが、リニューアルしたため今後は購入することができなくなるでしょう。

③番はリニューアル後の「新 月寒あんぱん」

2020年7月には、どこのスーパーもこちらの新しい月寒あんぱんが並んでいました。月寒あんぱん本舗本店の店員さんに、何が変わったのか質問したところ、「美味しさはそのままに、賞味期限が長くなった」とのこと。

北海道産小豆100%のこしあんを薄い生地でくるんだ、素朴な味わいの和菓子です。サイズは直径9cm前後。月寒あんぱん 復刻版よりもしっかりとした歯ごたえを感じます。味は、こしあん、黒糖あん、南瓜あん、黒胡麻あん、抹茶あんの5種類です。

④番はJAL国内線ファーストクラスの機内食にも採用された「寒月」

月寒あんぱんのワンランク上を行く寒月。なんとこちら、JAL国内線ファーストクラスの機内食に採用されたことがある和菓子なんです!

北海道産小麦粉(きたほなみ)を使用しており、月寒あんぱんよりもふっくらと柔らかい。パンに近い食感で、とても上品な味わいです。こしあんとつぶあんの2種類から選べます。

ウポポイ誕生記念「ツキサップあんぱん」もあります!

月寒あんぱんは、発売当時「月寒」という地名をアイヌ語で表現し「つきさっぷあんぱん」と呼ばれていました。ゴールデンカムイの作中でもそのように呼ばれていましたね。

ウポポイ誕生記念としてその呼び名を復活させた「ツキサップあんぱん」は、こしあんとくるみあんの2種類。くるみあんがビックリするほど美味!すっきりとした甘みを感じました。

ファン必見!ゴールデンカムイと月寒あんぱんのコラボ商品

化粧箱に入ったゴールデンカムイ×月寒あんぱんのコラボ6種セット!これは絶対に欲しい!!!

札幌月寒総本店、北海道の「網走監獄」「北海道開拓の村」、鹿児島の「仙厳園」のほか、オンラインショップで購入可能。札幌市内のファミリーマートでも販売しているお店がありました。

アシリパさん「こしあん」

杉本「かぼちゃあん」

白石「黒糖あん」

尾形「黒胡麻あん」

鯉登少尉「復刻こしあん」

月島軍曹「抹茶あん」

月寒あんぱんを購入できる場所は「月寒あんぱん本舗」

月寒あんぱん本舗は、地下鉄東豊線の月寒中央駅4番出口から出るとすぐにわかります。2015年にリニューアルオープンしたガラス張りのお店。対応していただいた店員さんがとても元気が良く明るい方だったので、お話していて楽しかったです。

新月寒あんぱんは、札幌市内のスーパーやコンビニでも購入できます。それ以外の商品は、月寒あんぱん本舗に行って購入しましょう。公式サイトのオンラインショップやECサイトでも手に入ります。

月寒あんぱん本舗の歴史

月寒という土地は、陸軍歩兵第25連隊が置かれていた場所でした。陸軍に菓子を販売していた大沼甚三郎という人物が、東京にある木村屋の「桜あんぱん」が大ヒットしているとの噂を耳にし、ヒット商品を生み出すべく研究。

大沼甚三郎が、月寒あんぱん本舗(株式会社ほんま)の創業者である本間与三郎に、その製法を伝え、後に月寒あんぱんが誕生したそうです。

今も残る「アンパン道路」

明治44年、平岸から月寒に抜ける道路を造るために、陸軍歩兵第25連隊と地域住民が団結して作業していました。豊平町が軍に毎日ひとりに5個のあんぱんを提供したことから、出来上がった道路は「アンパン道路」と呼ばれ親しまれてきました。

この道路は今も残っています。(札幌市営地下鉄/東豊線「月寒中央駅」1番出口から出ると目の前にあります)

月寒あんぱん本舗のこだわり

創業以来、素材には徹底的にこだわってきた月寒あんぱん本舗。今でも北海道産の小麦や小豆などの厳選した素材を使用し、そのこだわりを守り続けています。

また、月寒あんぱんは食感にもこだわっており、口に入れたときに感じる「歯ごたえ」を大切にしています。

歴史ある和菓子「月寒あんぱん」を食べ比べてみよう

創業当時からのこだわりの製法が今でも愛されている月寒あんぱん。復刻版や新月寒あんぱんなどバリエーション豊かなラインナップは、食べるとほっこりと幸せな気分にしてくれます。

贈答用の月寒あんぱんもあるので、手土産としてもおすすめです。

月寒あんぱん本舗の詳細情報
営業時間
10:00~18:00
定休日
年始(1月1日・2日・3日)
住所
〒062-0020
札幌市豊平区月寒中央通8-1-10 月寒中央ビル 1F
※札幌市営地下鉄/東豊線「月寒中央駅」4番出口から徒歩すぐ
電話番号
011-851-0817




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。