「豊滝龍神の水」は知る人ぞ知る札幌の湧き水のスポット!アクセス&詳細まとめ

豊滝龍神の水をいただきに豊滝へ

豊滝龍神の水は、市民に親しまれている湧き水。盤龍山信行院の境内に水汲み場があり、年中美味しいお水をいただけます。

盤龍山信行院拝殿

盤龍山信行院は、昭和29年に宗教法人として登録された神社。八大龍王、白龍大神、菩薩様、観音様などが一緒に祀られています。

拝殿の前にある賽銭箱は、蓋を開けてお賽銭を入れるタイプです。お水をいただく前に参拝します。拝殿の奥には本殿があるそうですが、熊の目撃情報があったため、断念しました。

白龍大神

白龍は天上界の皇帝に仕えていた竜と伝えられています。公式サイトには縁結びの神様と記載されていました。

境内にある建物

こちらは閉じられていたので中の様子は確認できませんでした。公式サイトに記載がある神様が祀られているのでしょうか。静かに手を合わせました。

水汲み場の様子

境内にある水汲み場。蛇口が6つあり、常時水が流れています。お水は毎年、水質検査を行っているそうです。

冷たくて美味しい!豊滝龍神の水

ひんやり冷たくて澄んだお水。なめらかで本当に美味しいと感じます。給水タンクやペットボトルにお水を入れ、ありがたく持ち帰らせていただきました。

豊滝龍神でお水をいただくときの注意点

神社、境内、市道から神社までの山道は個人の私有地となっており、地主さんのご好意でお水を汲むことができているそうです。

これからも維持管理していただくために、お水をいただくときはお賽銭に協力したいですね!

事故やケガなどがあっても自己責任

ここはヒグマの目撃情報がある場所です。また、蜂やマムシなどにも注意が必要。

舗装されていない山道でも事故が起きないよう、スピードを落とし譲り合って運転するようにしましょう。

豊滝龍神へのアクセス


土地勘がない方や初めて訪れる方には少しわかりにくいかもしれません。動画も撮影しておりますので、よろしければご覧ください。

国道230号線を定山渓方面へ

豊滝は、簾舞と定山渓の間に位置しています。国道230号線を札幌市内から定山渓に向かって走り、左手に見える「とよたきフルーツパーク」の看板を左に曲がります。

目印は恐竜のアート

「龍神の水」の看板あるので案内に従って2.2kmほど進みます。途中、左手に恐竜のアートが現れます。

ウルトラマンも?

ウルトラマンも居ますね。この賑やかな場所も通り過ぎてひたすら奥へと進みます。

看板で左に曲がればあとは直進するだけ

左手にある「龍神の水500m」の看板と盤龍山信行院の石碑を左に曲がり、山道を真っ直ぐ進むと豊滝龍神の水に到着します。

豊滝龍神の詳細情報
住所
札幌市南区豊滝1173番地
電話番号
080-5594-2815(盤龍山信行院 事務局 )

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。