青い池をレポート!おすすめのお土産情報やスイーツも紹介(北海道/美瑛町)

北海道美瑛町の人気観光地「青い池」

北海道美瑛町。白金温泉の近くにある「青い池」は、その名の通り水面が鮮やかなブルーに見える美しい池です。池の中には、立ち枯れたカラマツ。周りは山々に囲まれており、自然が織りなす幻想的な雰囲気が漂っています。

訪れたのは、10月初旬の紅葉が始まったばかりの時期。お天気にも恵まれ、青く澄んだ青い池を見ることができました。

青い池にはJR美瑛駅より車で20分程で到着

山道を走ると、まず左手に道の駅びえい「白金ビルケ」が見えます。そちらを越してすぐ左手に「青い池」の大きな駐車場が見えるので、そこから入って車を駐車してください。

2018年の10月13日に、道の駅「白金ビルケ」へと繋がる観光道路と駐車場が整備されたため交通は非常にスムーズ。青い池に直結する駐車場は乗用車270台、大型車17台が駐車できます。

駐車したら階段を登って順路の通りに進みます。その先には……。

ため息が出るほど美しい青い池

歩いて行くと、右手に青い池が見えました。想像していたよりも大きい!面積は1万2千平方メートル、深さ2.5~5メートルほどあるんだそうです。カラマツの木や山々が池に反射していて本当に美しかったです。

人が多かったので、歩きながら良い撮影スポットを探しました。

青い池が青く見える理由

青い池が青く見えるのは、水中のコロイド粒子に太陽光が衝突し、波長の短い青い光が散乱されるためだと言われています。とても神秘的で美しいですよね。

※コロイド粒子とは?
白金温泉から湧出しているアルミニウムを含んだ水が、美瑛川の河川水と混じることにより生成される微細な粒。

青い池を動画でご覧になりたい方はこちら


青い池の見頃は?

最も青く見える時期は、5月中旬から6月下旬と言われていますが、空気が澄んでいる秋の時期もおすすめ。紅葉とのコラボレーションも美しいでしょうね。雪化粧をした冬の時期にも訪れてみたいです。

時間帯は、早朝がベストと言われていますが、私が訪れた13:30頃もとても美しく見えました。時間というよりも、天気の方が重要だと思います。よく晴れた日が明るく、澄み切った青色に見えますよ。

青い池のライトアップ情報


[画像掲載元/美瑛町役場]

約10分間でひとつのストーリーを織りなす、美しい時間。さまざまな証明パターンを駆使して青い池を映し出します。2019年度のライトアップは、11月1日(金)から始まっています。2020年の4月30日(木)までの期間限定イベントなので、機会があればぜひ訪れてみてください。

青い池|ライトアップの詳細情報
ライトアップ期間
【2019年度】
2019年11月1日(金)〜2020年4月30日(木)まで
点灯時間
【2019年度】
■11月1日(金)~12月31日(火)
午後5時〜午後9時まで

■1月1日(水)~2月29日(土)
午後5時30分から午後9時まで

■3月1日(日)~3月31日(火)
午後6時〜午後9時まで

■4月1日(水)~4月30日(木)
午後6時30分〜午後9時まで

※悪天候時は中止する場合あり。ホームページを確認してください。

2019年6月にオープンしたトイレ&売店

駐車場のリニューアルに続き、以前はなかった売店とトイレが出来ていました。少し肌寒くトイレが近くなっていたのでとても有り難かったです。売店はとても小さいので、並びながら店内の商品を見る感じでした。

青い池の売店/お土産品情報

青い池の売店では、かわいい雑貨やお菓子などのお土産にぴったりのグッズ、その場で食べられるスイーツを購入できます。

そのほとんどは、青い池の「青」をモチーフにしたもの。青いきつねのスノードーム、かわいいですよね。

耳かきやハーバリウムのようなものもは大人向け

青い池をモチーフにした耳かきや、ハーバリウムのようなものも綺麗でした。

子供が喜びそうな青いきつねのキーホルダーも

触るとプニプニと柔らかい、青いきつねのキーホルダーは子供向けのお土産にぴったり。

実際に購入したお土産①「青い池クッキー」

青い池に佇むカラマツの木をモチーフにした青い池クッキー。サクッと軽いバターロールクッキーは、「美味しい!」と大変喜ばれました。

実際に購入したお土産②「青い池キャンディ」

THE青い池のお土産というようなパッケージに一目惚れ。レモン味のキャンディです。

スイーツは青い池サイダーと青い池プリンを購入

青い池のスイーツと言えば、「青い池ソフトクリーム」が有名ですが、寒かったので断念。青い池サイダーと青い池プリンを購入しました。

青い池サイダーは、太陽の光に当てるとキラキラして綺麗。とても甘い味がしました。

青い池プリンはさっぱり味

青い池プリンは、白い部分がミルクっぽい味で、青色のジュレはレモン風味。さっぱりしていて食べやすかったです。

青い池は美しかった!そして、お土産を購入できる素敵な観光スポットでした

青い池は、本当に青く、美しい池でした。青い池ならではのお土産も購入できるのでぜひ訪れてみてくださいね。

また、青い池と同じくらいおすすめしたいのが、「しらひげの滝」。車で10分くらいの距離にあるので、一緒に巡るのが良いと思います。こちらのレポートはまた後日。

青い池の詳細情報
営業期間
通年
営業時間
日の出から日没まで見学可能。(売店は9:00〜17:00まで)
11月1日から始まる、夜のライトアップ期間中は21時まで見学可。
定休日
毎年6月第2日曜日に開催される「びえいヘルシーマラソン大会」は交通規制あり。
※びえい白金温泉から美瑛市街地など、白金温泉周辺の交通規制あり
住所
〒071-0235
北海道上川郡美瑛町字白金
車の場合
JR美瑛駅より車で約20分
バスの場合
道北バスで約20分
※下記リンクで乗り場と時刻表を確認できます
電話番号
0166-94-3355
(道の駅びえい「白金ビルケ」)

白ひげの滝は青い池に負けないくらい美しい!絶対に訪れるべきスポット(北海道/美瑛町)




Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。